潜在意識から痩せる!!潜在意識を働かせる4つのコツ

      2013/08/02

こんにちは、その子です。

ダイエットが続かなかったり、
モチベーションが下がってしまう、
ダイエットをしていたことを忘れてしまう、
なんてことはありませんか?

スポンサーリンク

 

先日、メンタリストがテレビで人の心を操るところを見たのですが、

うまく深層心理を操る術を使って、メンタリストが思っている色を、相手に言わせてしまうのです。

実は、このトリック、自然と言わせるように、連想するフレーズを所々に入れていくんです。

 

深層心理、潜在意識とも言う

この深層心理。
潜在意識とも言います。
人が自覚しているのは、全体の10%と言われます。

他の90%は?
それが、無意識の部分、「潜在意識」です。

私たちが意識して動いているのは、まさに氷山の一角なんです。

先ほどのメンタリストも、相手に「黄色」と言わせるために、
黄色を連想させる「レモン」という単語を自然と会話の中に入れていくんです。
そして、相手に言わせるのです。

「頭に浮かんだ色を言ってください」

「はい、浮かびました。黄色です。」と。

lemon_revised
Copyright © 2003 lemon_revised by Healing and Eating

 

これって、ダイエットに応用できそうじゃないですか?

 

一流のスポーツ選手や売れている人たちは、この潜在意識を利用して、自分の能力をうまく引き出せている人が多いですね。
サッカーの香川真司選手とかは、小さい頃から、中学、高校で活躍して、日本代表になって・・・
と細かい設定まで考えて、壁に貼ってあったんじゃなかったかなぁ?

うろ覚えでごめんなさい(^_^;)
他にも、イチロー選手は小さい頃から、一流になると信じて疑わずに人の倍も練習をしていたのは有名ですよね。

 

 

潜在意識を動かすには、次にあげるコツをリラックスして行うことが大事です。

 

[icon image="check3-r"] 想像すること

どうなりたいのか、なりたい私を想像しましょう。

想像ができない時は、なりたい人を思い描いてみてください。

芸能人やモデル、理想の人、自分と全く違う人でも構いません。
ただ、憧れる人を頭に思い浮かべてみてください。

自分と重ね合わせられたらOKです。

重ね合わせられないとしたら、どこかで無理だろうと思っていませんか?
理想や憧れる人から、自分がなれそうな人にシフトしてみましょう。
Custo_LA 10 © studio.es
Copyright © 2007 Custo_LA 10 © studio.es by Vincent Boiteau

 

[icon image="check3-r"] 信じること

なりたい私に、すでになった姿を想像してみましょう。
そのあとは、何をしますか?

なりたい私に、とことんなりきって信じこませましょう。

上品なリゾート風の花柄キャミワンピースに、リゾートサンダル。
サングラスもかけて、異性の目を惹きながら、オープンカフェで引きたての美味しいコーヒーでも。

ここから、急に現実に戻ってきてガッカリしないように、ゆっくり戻ってきてくださいね(^_^;)
Beach
Copyright © 2007 Beach by shazwan

 

[icon image="check3-r"] 声に出してみる

口に出すと、潜在意識に直接働くので、とても効果的です。

朝、鏡を見て
「私はかわいい」
「私は痩せて、魅力的になった」
「私は、理想の自分に近づいている」
など、自分の好きなようにアレンジして、口に出してみてください。

これは、女性の芸能人も良く使っている方法です。

また、他の人に言って公約する、という自分を追い込む手も。
In the mirror
Copyright © 2009 In the mirror by malpraxis2000

 

[icon image="check3-r"] 紙に書いて貼る

見えるところに、貼っておくのは、何より目標を忘れないし、モチベーションを保つにもいいですね。

また、目標に向けて段階的に書いておくと、潜在意識が働いて、その通りに動いている自分がいたりします。

これは、スポーツ選手が良くやっている方法です。

ただ、家族に見られたり、お客様に見られたり、ちょっと恥ずかしかったりしますよね。

そんな時には、手帳やノートなどに書いておくのも。

憧れの人やなりたい人の写真を一緒に貼るのも効果的ですよ。

Pen and Notebook
Copyright © 2009 Pen and Notebook by sparkieblues

これはダイエットだけではなく、何かやりたい事があるけど、なかなか進まないとき、
絶対にやりとげたい事があるときにも使えるので、ぜひやって見てください。

 

他に、完璧にやろうとすると、ちょっとしたことで、つまづきやすくなります。

つまづいて、そこでやらなくなってしまったりすることもあります。

完璧じゃなくてもいいんです。
ゆるくていいんです。
毎日じゃなくても、続けることが大事です。

続けられている自分を褒めてあげましょう。

 

続けることを楽しむために、目標となる日まで頑張ったり、1ヶ月頑張ったとき、3ヶ月頑張ったときなど、
自分へのご褒美をあげるのも、脳が喜ぶので、モチベーションを保つことにもつながります。

ご褒美は何でも良いのですが、ダイエットをしているなら、やっぱりケーキとかアイスはやめときましょうね(^_^;)

痩せたときに履きたかったショートパンツや、
思わずうっとりしてしまうほどの甘いバラの香りのするボディオイル、
小さくて可愛いチャームが揺れるネックレス
など、モチベーションがあがる工夫も楽しんでやってみてください。

スポンサーリンク

 - 普段から気をつけること , ,