夏でも基本の生活習慣を見直して、元気にハツラツ美人!!

      2013/08/30

こんにちは、その子です。

今日から7月。
いよいよ夏本番ですね。

スポンサーリンク

夏は子供たちも外で遊んだり、海や川などで遊んだり、夜は花火をしたり、
親もたくさん遊べるのでなんだかわくわくしてきますね。

Radisson Blu Resort Trysil
Copyright © 2013 Radisson Blu Resort Trysil by Skistar Trysil, on Flickr

ですが生活習慣をしっかりしておかないと、太陽の下でフラフラしてきたり、すぐに疲れやすかったり、脱水症状を起こしかねません。

健康を損ねると、キレイになりたいどころの話じゃなくなりますからね。

 

基本の生活習慣とは・・・
[icon image="check3-r"]食事

暑くなると食欲もなくなってきて食べたくない日もあるかもしれません。
そんなときは梅干や酢、しょうが、にんにくなどスパイスを使って、食欲を促す食べ物を効果的に取り入れてみましょう。

カレーや麻婆豆腐など辛いものなら意外と食べれたり、少量の食前酒も食欲をそそることができます。

汁物も冷や汁や冷製スープにすると、飲みやすいですね。

ビールばかり飲んでいたら体は冷えますし、日中だれやすかったり、脱水も引き起こすので、飲みすぎには注意が必要です。(おいしいですけどね)
Vegetable curry @ Go! Curry
Copyright © 2012 Vegetable curry @ Go! Curry by nSeika, on Flickr

 

[icon image="check3-r"]睡眠

夏になると日が沈むのが遅くなり、それにつれて眠る時間も遅くなってしまったりします。

子供も、なかなか寝ないんですよね。。

少しぬるめのお風呂にゆったりと浸かったり、アロマを焚いたり、暑すぎても眠りにくいのでエアコンや扇風機をタイマーにして眠ったり、眠りやすくなる工夫も必要になってきますね。
[deco_bg image="paper1" width="400"]
眠りやすいアロマ(これに限らず落ち着く香りがあれば、それがあなたにとって一番の香りです。)
・ラベンダー
・マンダリン
・オレンジスィート
・ベルガモット
・サンダルウッドなど[/deco_bg]

冷却マットは、ぬるくなると暑すぎるという話も聞きますが、こちらの商品、けっこう売れているらしく、数多くのレビューがありますが、本当に冷えるみたいです。
節電にもなっているようですね。
デメリットは、かなり重いようです。買うときは覚悟して!

 

[icon image="check3-r"]排泄

夏は体温調整のために水分が汗になって出てしまうので、便秘になりやすくなります。

水分を適度に取って、便秘に解消しやすい納豆や漬物などの発酵食品、プルーンなどの食物繊維、水キムチなどもいいですね。

必要ならマッサージも加えましょう。
「の」の字でマッサージしたり、リンパマッサージもいいでしょう。

ほかには運動も必要です。
こちらの「はなまるマーケット」で紹介された運動も参考にしてみてください。



 

それでは、元気にこの夏を過ごしましょう。

スポンサーリンク

 - 普段から気をつけること , , , ,