【動画有】「深いい話」から「耳たぶ回し」でたるみが消えて小顔に!

      2013/07/31

こんにちは、その子です。

今回は「深いい話」の(まだ続いてるんですっσ(^_^;))小顔になれる話です。

さとう式リンパケアを考案した、歯科医の佐藤青児さんの紹介です。

スポンサーリンク

すごく簡単にできるのに、フェイスラインが引き締まったり、
口角があがったり、たるみも良くなるようですよ!

20130718-000029.jpg

 

まずは、佐藤先生について

歯科医で年齢は50歳。

歯科医??

歯を治療する先生ですが、顎関節症も治療します。

 

顎関節症の人は共通して耳たぶ周辺の筋肉が硬くなっているので、
この筋肉を緩めてほぐしていると、小顔になってきたんだそうです。

 

顎関節症って知っていますか?

長くなってしまうので、「知ってるわ」って人はサッサと飛ばしちゃって下さい(・∀・)

 

顎関節症の大きな症状としては、あごが鳴る、口が大きく開かない、あごが痛む
といった症状が良く見られるようです。

 

ほっといていてもいい場合(痛みがない)と、
治さないといけない場合(痛みがある)があるようです。

痛みがなくても、頭痛、肩こり、背中や腰の痛み、耳鳴り、歯の痛みなど
違うところに症状が出てきてしまう場合もあります。

この顎関節症は、若い女性に多く見られるようです。

 

 

私も顎関節症なのですが、痛みがないのは幸いとして、困っているのは
なんといっても見た目が悪いこと(ノ_-;)
顎がズレてしまっていて、フェイスラインも左右の差が大きくなってしまっています。

 

これは、顎だけの問題ではないと思うんですね。

体を支える骨盤から頭までつなげている背骨は
小さな骨が「積み木を積み上げるように」できた集まりです。

 

たくさん積みあげていくと、上が少し右にズレたりすると、
バランスが崩れて倒れてしまいますね。

背骨は倒れませんが、上が右に倒れたら、
バランスを取るために下から上まで左へ傾けたり、右へ傾けたりしないと
いけなくなってしまうのです。

 

つまり、
顎が歪んでいる=全身も歪んでいる
ということになります。

私自身、全身歪んでいる自覚があるので、
キレイな体型にするために、姿勢や骨盤を意識した生活をしています。

 

勘違いしないで欲しいのですが、佐藤先生を非難しているつもりは全くありませんよ。

これはこれで、効果があるんだと思います。

ただ、顎を治したからといって、
全身の歪みまで取れるか?
もう顎関節症に悩まなくていいのか?
という悩みが解消されるわけではないのかなと思います。

 

耳たぶ回し小顔法

1.まずは仰向けになりましょう。
(ならなくても良いようですが、仰向けの方が筋肉が緩みやすいそうです)

2.耳たぶの付け根を軽く後ろに回します。

3.つまむほどでもない、軽く触れているぐらいの力でやっていました。

4.頬を上から下へ、なでおろします。
これも、かる〜くなでるぐらいでした。

5.耳たぶを回しながら、顎を前後左右に動かす。
耳たぶを回すのは、さっきと一緒で、今度は下あごを出したり引っ込めたりします。
アイーンです。

6.左右にも動かします。口を大きく開けます。
動かすと筋肉がゆるむんだそうです。

7.下あごを出して、肩を後ろ回しに動かす。
アイーンしながら、うでは軽く頭の方に持ってきてバンザイの形。
そのまま、肩を軽く後ろに回します。

8.また、最初から繰り返し。

9.頬を軽く引っ張りながらなでる。
耳たぶの下辺りを頬を軽く引っ張るように首の方へなでます。

 

これだけなのに、顔色も良くなって、フェイスラインもあがって、
口角も上がって、目も大きくなります。

 

「深いい話」ではありませんが佐藤先生が耳たぶ回しをやっている動画を見つけました。

続けると、きっと良いことになりそう♡

スポンサーリンク

 - その他 , ,