食事の時間の間隔!ダイエットに効果的なのは?

      2015/11/20

私は、ダイエットをする時は、
1日1食や、1日2食などにして、
食事の回数を、減らしています。

でも、なかなか体重が減らなくて、
いつも途中で、ダイエットを諦めてしまいます。

 
そんな中、私の友人がダイエットに成功したと
いうことを、打ち明けてくれました。

 
確かに、最近みるみるキレイになっているとは
思っていたのですが、その理由も、納得です。

ダイエットに成功したい私は、彼女をランチに誘って、
その秘訣を、詳しく聞き出すことにしました。
次の章では、その秘密を公開しちゃいます!

スポンサーリンク

食事の時間の間隔

友人は、ダイエットに成功するには、
食事の時間の間隔」が大切だと、
教えてくれました!

食事の時間の間隔で、ダイエット
効果的なのは、何時間くらいなのでしょうか?

 

4時間~4時間30分がベスト

友人曰く、4時間~4時間30分くらいが、
ダイエットするには、ベストなんだそうです。

これより食事の間隔が短いと、
前の食事の消化が終わっていないので、
に負担がかかってしまい、体によくありません。

 
また、4時間30分以上、食事の間隔が空くと、
空腹を強く感じてしまい、結果として、
ダイエットの大敵の「食べ過ぎ」に繋がります。

 
それに、食事の時間の間隔が空きすぎると、
体内に、インスリンが多く分泌されます。

インスリンは、体内で、糖の取り込みや、
脂肪の合成を促進する働きをするので、
多く分泌されると、太る原因になってしまいます。

スポンサーリンク

理想は1日4食

食事の時間の間隔を、4時間~4時間30分とすると、
1日3食では足りないので、1日4食になります。

    【1日の食事の時間例】

  • 8:00 朝食
  • 12:00 昼食
  • 16:00 軽食(おやつ)
  • 20:00 夕食

というように、4時間~4時間30分の間隔で、
一日の食事がとれるようにしましょう。

 
ダイエット中の、軽食(おやつ)には、
バナナや牛乳、ヨーグルトなどが、
太りにくく栄養もあり、オススメです。

仕事などで、軽食(おやつ)をとるのが
難しい場合も、あると思います。

 
そんな時は、低カロリーの飴や、
ダイエット用のビスケットをつまむだけでも、
空腹を予防する効果がありますよ。

463c82e681d1a23fc62dc63827f5a1fb_s-300x200

食事の注意点

野菜中心に肉や魚、米などを組み合わせた、
バランスのよい食事が、理想です。

ケーキやお菓子などの甘いものや、
揚げ物など、油分や脂肪分が多い食べ物は、
なるべく控えるようにしましょう。

とはいえ、食べたいモノを我慢しすぎると、
ダイエットが長続きしません。
たまには息抜きに、好きなものを食べましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。
ダイエットに効果的な、食事の時間の間隔
ついて、ご紹介しました。

私は今まで、食事の時間の間隔が
あきすぎていたので、なかなかダイエットに
成功しなかったのかもしれません。

 
早速、食事の時間の間隔に
気をつけて生活するようにしてみたら、
何だか、体の調子がいい気がします!

これからは、食事の時間の間隔に気をつけて、
ダイエットに励もうと思います!

食事の間隔ダイエットの関係について
気になっている人は、ご紹介した内容を参考に、
自分の生活に、取り入れてみて下さいね!

スポンサーリンク

 - 食べること