体重は普通なのにお腹がポッコリ!何とか凹ませたい!

   

友人から、悩みを受けました。

友人は、体重、身長ともに普通。

 
後ろ姿は、スッキリした体型なのです。
が、なぜかお腹がポッコリ!

 

年のせいか、お腹まわりが
たるんできた、と実感しているそうですが、

まだ独身の娘さんも、お腹が気になるよう。
 

この母娘の悩みの種、
多くの女性に共通するものですよね。

実は、服でごまかしていますが、
私もポッコリお腹。
 

なぜそうなってしまうのか、
これをまず、調べてみましたよ。

スポンサーリンク

お腹ポッコリの原因は?

その結果、大きく分けて3つあることが
わかってきました。

 

お腹の筋力低下

内臓を守るため、お腹まわりは皮下脂肪がつきやすく
日常生活では、あまり筋力を使わないところ。

筋力の低下は30代頃から始まるそうで
基礎代謝の低下から、燃焼されにくく体脂肪が
増加し、お腹ポッコリを招きやすいのだとか。

 

女性のお腹は特に、皮下脂肪がたまりやすく
内臓脂肪に比べて、燃焼が悪いため

腹筋運動をしても効果が出にくいために、
あきらめてしまいがち…。

 

腸の機能低下

腸内環境の悪化が原因で、汚れや悪玉菌が増加し
腸の粘膜が過敏になります。

その結果、アレルギー反応を起こし
腸が腫れた状態になると、お腹が膨らむ原因に。

 
また、便秘も出口をふさいでしまうため、
腸の中に便やガスが溜まるので、お腹がポッコリに。

整腸作用のある食べ物や、
水分の摂取で緩和されてきます。

骨盤のゆがみ

女性の骨盤は、開閉を繰り返しているのを
ご存知でしたか?

ところが足を組んだり、悪い姿勢でいると
骨盤がゆがんで、開閉がスムーズにならず
開きっぱなしなんてことも。

そうすると、本来ある内臓の位置が、
下へ下がるため、下腹がポッコリになるのです。

整体に通ってみたら、また、姿勢を正してみたら
お腹が平らになった、というケースも。

効果的にお腹まわりをスッキリさせるには?

ここでは、お腹の筋力低下と、
脂肪がついている場合の、
対策を考えていきますね。

まず思いつくのが、とにかく腹筋運動。
これが間違いのもとなのだそう。

腹筋運動は、「お腹の筋肉を鍛える運動」であって
体脂肪を直接、落とすわけではないのです。

お腹の脂肪を落とすには、

  • 食事の仕方を見直す
  • 有酸素運動で、消費カロリーをアップ
  • 腹筋で平らに!

この3つを、組み合わせて取り組み、
お腹の脂肪を取り除く努力をすれば
スッキリしたお腹が、出現するのです。

では、この3つをそれぞれ説明していきますね。

スポンサーリンク

食事の仕方を見直す

食事ダイエットとして、極端に摂取カロリーを
減らすのは、よくありません。

筋肉量が減ってしまうし
そうなると、代謝も低下するので
体脂肪が、燃焼しにくくなってしまうのです。

 
ダイエット中の摂取カロリーの目安は、
20%ぐらい落とすのがベスト!

 

例えば、友人は40代、身長158cm、
主婦なので座っている時間と、
家事などで動くぐらい、ということなので

大体1700kcalが、標準ということでしょうか。

20%落とす場合、1360kcalの摂取を
目標にするといい、ということですね。

 

注意点は、

  • 1日3食(4回にわけるのも可)を
    しっかり食べること。
  • 朝600kcal→昼450kcal→夜400kcalと、
    だんだんカロリーを減らしていくこと。
  • ダイエット中は、筋肉量を減らさないために、
    高タンパクの食事をすること。

以上の点で、気を付けてくださいね。

 

有酸素運動で、消費カロリーをアップ

次に、有酸素運動ですが、
「ジョギング」と「エアロバイク」が
おススメだそう。

ジョギングなら、走りやすい服装とシューズが
あればいいので、やりやすいのでは
ないかと思います。

また、ジョギングは水泳やウォーキングよりも、
体脂肪を、燃焼させる効果が高いのだとか。

速度は、会話ができるくらいの、
ゆっくりしたペースで走ってください。

最初の3回を続ければ、身体が運動に慣れるので
その後は、走るのが楽になるそうですよ。

運動時間は、30~40分、週3~4回が理想です。

 
もっと手軽に、便利な道具を!
というなら、Dancing EMSという道具もありますよ!

 

腹筋で平らに!

お腹ポッコリに、効果の高いエクササイズは
「レッグレイズ」。
おへその下部あたりの、腹直筋を鍛えます。

1.仰向けに寝て、両手はお尻の脇に置きます。

2.足を伸ばし膝は軽く曲げて、
 かかとを10センチ浮かせます。

3.息を吐きながら、足を45度超えない位置で停止、
 息を吸いながら、下げます。

4.15~20回を1セット、2~3セットを行います。

お腹の筋肉を意識して行うと、効果的だそうです。
腰などが痛くなるそうなので、
ヨガマットを、引いておくといいですね。

※なお、腰をいためやすいので、
少ない回数からやってみてください。

 

最後に

腹筋運動というと、通常思い浮かべるのは
仰向けになって、上体を起こす運動ですよね。

 
「クランチ」というやり方なのですが、
腹直筋の上部を鍛える運動なので、

おへその下がポッコリの場合は、
効果は出にくいのだとか。

 
間違いではないので、バランスよく
鍛えたい方は、「クランチ」も併せてOKです。

ジョギングの後に、腹筋運動を行うのが
もっとも効果的とのこと。

 

学生や主婦なら、時間も比較的取りやすいでしょうし、
ぜひトライしてみてください。

以上の内容を、友人母娘にエールをこめて
メールしてみましたよ!

スポンサーリンク

 - ストレッチをする