顔の疲れを取るには?簡単にできる5つの方法!

   

わたしはよく、「疲れてる?」
聞かれます。
 

実際、疲れてる時もありますが
自分では、自覚してない時も。

多分、疲れてるように見える顔
なんだろう、と思うんです。

 

昨日、久しぶりに会った友人Aにも、
わたしと同じことで、悩んでいる
という話を聞きました。

なんとかしたいと、ただ悩んでいても
仕方がないし、この悩みに
終止符を打とう
と思って、調べてみました。

 
そしたら、疲れた顔に見える原因には、
4つありました。
順に、紹介していきます。

スポンサーリンク

どうして疲れてるように見えるの?

疲れた顔に見える原因には、4つありました。
順に、紹介していきますね。

 

1番は、クマです

クマって、癖になってしまうというか
良く寝ても取れない人、いますよね。

わたしもそうで、色素沈着のように
なってる気がします。

 

顔色が悪い

血色が悪いと、それだけで
疲れていたり、体調が悪そう
見えますね。

もともとそういう顔色で、
本人は気にしていなくても、
周りからは、心配されちゃうかも。

 

体の疲れが表情に出ている

朝は元気だったのに、夕方になるにつれ
疲れて、無表情になったりしていませんか?

その疲れが、取れないまま
翌朝を迎えると、だんだん
疲れが蓄積して、表情にも出ますよ。

 

化粧崩れ

忙しくて、メイク直しを出来なかった時の
夕方に、「疲れてる?」なんて
言われていませんか?

若いころは平気でも、歳を重ねるごとに
メイク直しは大事になってきそうですね。

スポンサーリンク

顔の疲れを取るには?

ここでは、わたしがやって
効果のあった方法を、5つ紹介します。

 

血色をよくするには耳回し

化粧をする前に、耳をモミモミしたり、
耳全体を掴んで、グルグル回します。

耳をほぐすと、血のめぐりが良くなって
顔色が良くなるんです。

一緒に、肩甲骨を動かすように
意識しながら、肩回し
しましょう。

 
そのあとに、お化粧をするだけで
顔色が良くなり、疲れ顔を誤魔化せます!

夕方、疲れ顔になってきたかな?と
言う時にも、化粧直しの前
耳回しをしてみてください。

 

何といってもコラーゲン!

普段から、コラーゲンドリンク
飲んでる方には、あまり効果
感じられないかもしれませんが、

市販のコラーゲンドリンクを飲むのも
緊急の場合には、有効です。

 
今日は疲れたな、という時は
仕事帰りに、コンビニで買って
飲んで寝てみてください。

翌朝、いつもより元気な顔
なっていると思いますよ。

 
朝飲んでも良いのですが、わたしは
寝る前に飲んだほうが、効くような
気がしました。

 

お風呂にゆっくり浸かる

好きな香りの、入浴剤を入れて、
ゆっくりとお風呂に入る。

 
湯船の中では、難しいことは考えず
蒸しタオルを、目の上に乗せて
リラックスしましょう。

お湯の温度は、長く入る場合は
38度くらいのぬるま湯で、
水分補給も、しっかりとしてください。

時間は20分を目安に、入り過ぎると
逆に疲れてしまいますので、ご注意ください。

 

やっぱり睡眠

もう今日は、家に帰ったら
お風呂入って、とにかく寝る!
決めて、早寝をしましょう。

 
そんな時は、家に帰っても、
テレビやスマホは観ずに、出来るなら
部屋の照明も暗めにしてください。

強い光には、覚醒作用があるので
眠りにくくなります。

 

また、お酒を飲みたい
と思うかもしれないけど、寝酒も我慢

お酒を飲むと、眠くなりますが
中途覚醒の原因になってしまうんです。

 

それでも取れないクマは隠す!

隠す前に、クマを取るツボを押してみましょう。
押す時は、5秒押して離すのを3回繰り返します。
力加減は、気持ち良いと感じる程度です。

      1.鼻の付け根と目頭の間を、左右一緒に押す。
      2.黒目を真ん中にして、目の下にある骨の際から
      親指1本分下の、わずかな窪みを押す。
      3.目じりから指1本分外側にある窪みを押す。
      4.こめかみ付近を押す。

これで消えないクマは、コンシーラー
隠しちゃいましょう。

コンシーラーを選ぶ際の注意は、
実際の肌色より、ワントーン明るいもの
にすること。

コンシーラーをつけたら、叩くように肌に
馴染ませてから、ファンデーションを塗ります。
厚塗りにならないように、気をつけてください。

 

まとめ

色々紹介しましたが、わたしは
中でも、化粧前の耳回し、肩回し
習慣にしていますよ。

 
そして、疲れが溜まったな、という時は
コラーゲンドリンクを飲んで、
とにかく早く寝ること!です。

そして、スペシャルな方法としては、
フェイシャルエステに行くことです。

ボーナスが入った時とか、
大きな仕事をし終わったとき、など
区切りの時に、行っています。

やはり、人の手でしてもらうのは
贅沢な気がするし、癒されるんですよね。

スポンサーリンク

 - マッサージをする