うどん?それともそば?食べて太るのはどっちなの?

   

日本人が好きな食べ物の中に、必ず
挙げられると言ってもよい、うどんとそば。

0173b846b2f848b6d2e83645f7672779_s-e1449032492150

忙しい昼ごはんに、ないと困る!
という方も多いのでは?

 
お手軽で、腹もちもよい麺類
日本人のソウルフードと言っても
言い過ぎではないかも。

そんな日本の麺類の代表、うどんとそば。
いったいどちらが食べて太るのか
考えたことありますか?

スポンサーリンク

うどんやそばは、食べたら太る?

うどんやそばは、ご飯と同じく、炭水化物がメイン。
炭水化物=太る、と認識されがちです。
 

もちろん、炭水化物は、人が生きていく上で
必要不可欠なものですから
太るから、と全く食べないのはNG。

ならば、炭水化物以外の面から
食品の太りやすさを調べてみましょう。

 

ちょっと難しい話かもしれませんが、食品の
ある値をあらわす指標に
GI値というものがあります。

これは食後の血糖値の上がりやすさを示した数値です。

「GI値が高い=太りやすい」
「GI値が低い=太りにくい」のだそうです。

 
そこで、うどんとそばのGI値を比べると

うどんのGI値は80~85で、
60以上となり太りやすい

そばのGI値は54~59で、
60以下となり太りにくいと判断されます。

 

ちなみに、GI値の低いものとしては
玄米や全粒粉で作られた食品などがあります。
いわゆる「未精製」のものが原材料です。

対して、GI値の高いものの代表として
白米、白砂糖、小麦粉で作られた食品があります。

 
これらは、「精製」されたものが原材料と
なっています。

スポンサーリンク

精製と未精製って?太るのと関係あるの?

未精製は、文字通り「精製していないもの」
精製とは、まじりものを取り除くことです。

 
精製すると白くなり、含まれる成分が変わり
余計なものを取り除ける代わりに

天然の成分の中の、良い部分も取り除いて
しまう
ことがあります。

 
「美容と健康のためには、未精製の食品を
取り入れましょう」ということを耳にします。

 
これは、天然の良い成分が残っているから
体にも良い、という意味なのでしょう。

そばの大元の原料は、
穀物であるそばの実ですが
そこから作られるそば粉は、未精製品です。

 

対して、うどんの原料である小麦粉は
精製品です。

 
精製品だから、未精製品だから、というのが
直接太りやすさに繋がるのか分かりませんが

GI値とは関係しているので
多少は太りやすさとも関係がありそうです

GI値の点と、健康に関する点から見ると
うどんよりもそばのほうが太りにくく
健康にもよさそうな気がします。

 
ちなみに
いちおう炭水化物の部類に入るそばですが
実は炭水化物メインではないのです。

 
他の麺類と比べると炭水化物数値が
低いのが分かります。

うどんは100グラム中の炭水化物57グラム
対して、そばは27グラム
他の麺類と比べても炭水化物量が低いのです。

 

そばよりうどんの方が糖質は低い!

じゃあやっぱり、そばの方が太りにくい!

といいたくなりますが
実は問題はそこだけではないのです。
 

むしろ、問題となるのは、糖質

そばに含まれる糖質は、意外にも高く
200グラム中に約52グラム入っています。
うどんは、200g当り糖質が約42グラム

 
うどんのほうが糖質が低いですね。

 
カロリーの点でも、一般的には
うどんの方がカロリーが高い!
と思いますよね。

 

実は、原材料の粉の時点では
うどんとそばとカロリーに大差はありません

しかし、茹でた時点でみると
うどんのカロリーは、そばより低くなります

うどんの場合、そばに比べて水分量が多く
その分含まれる小麦粉の量は少なくなります

 
よって、カロリーはそばよりも低くなります。

 
ちなみに、ご飯と比べてみても
炊いたご飯>ゆでたそば>ゆでたうどん
の順でカロリーが高いそうです。

もちろん、食べる量や添える具によっても
変わりますが。

 
つまり、うどんとそばと
食べて太るのはどっち?の答えは、
どっちもどっち、ということでしょうか。

 

まとめ

いかかでしたか?
カロリーも低く、糖質も少ないうどん。

今まで絶対そばがよい!と思っていましたが
うどんも案外太りにくい食品なのでは?
見方が変わって、そう思えてきました。

 
とはいえ
先に挙げたGI値は高い食品であるので、
うどんばかり食べると、太ることは確かです

食べ方、頻度にもよりますが
うどんにしろ、そばにしろ、その時食べたい
と思う方を適度な量で、美味しくいただく!

それが一番なのかな、と思います。

 
何より、食べすぎないこと
そして、麺だけでなく具も含めて
栄養バランスを考えること

それが太るのを防ぐための
良い方法なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 - 食べること