絶食系ダイエットでリバウンドさせないポイントはコレ!

   

ダイエットに成功したのも、ぬか喜び。
もう、がっかりです。

あっという間に、ダイエット前の体重
通り越して、リバウンドしてしまいました。

2715167ad107982190de65bc144102f5_s-300x200

空腹に耐えて、絶食ダイエットまでして
頑張ったのに、本当に切ないです。

短期間で効果が出る、と話題になっている
絶食系のダイエットにチャレンジした結果が
コレです・・・。
 

どうして、ダイエットして痩せた体重のまま
維持することができないんだろう。

リバウンドせずに、ダイエットが成功した人も
いるっていうのに、私は何でなの?

 

不思議です。
私のやり方、何かが違うのかな?

絶食系ダイエットでのリバウンドを防いで、
体重をキープする方法!

今までの頑張りを無駄にしたくないから
とことん調べましたよ♪

スポンサーリンク

絶食はリバウンドしやすい?!

短期間で効果が出やすい、絶食系のダイエット、
実は、リバウンドのリスクが大きいんですよ。

 
食べ物を食べずに数日を過ごし、ダイエットを
終えた時に、緊張の糸が切れてしまうから?

空腹の反動で、つい食べ過ぎてしまうから、
という訳ではないんですよ。

絶食によって、リバウンドしやすい身体に
なってしまうことが原因なんです。

スポンサーリンク

飢餓状態がリバウンドを招く!

人は生命を維持するために、何もしなくとも
エネルギーを消費しています。

内臓を動かす、呼吸をするなど、生きるための
基本的な消費活動を、基礎代謝といいます。

ダイエットをしている人にとっては、
馴染の深いワードですよね。

2bfa524d126b3714ec08923b8417776c_s-300x225

基礎代謝が高いほど、カロリーを消費しやすい
こともあって、代謝を上げることが目標に
されることも多いですからね。

いつもは、食べ物からエネルギーを生み出して
います。

それが、突然無くなった時、身体は自らの身を
削って
、生命を維持しようとします。

 
絶食後6時間~72時間には、体の中で様々な
変化が起こりますよ。

身体は、栄養不足の状態を察知し、基礎代謝を
下げて、省エネ対策を始めます。

 
さらに、省エネをしながら、体内の脂肪
エネルギーに変換し始めます。

しかし、それでは足りずに筋肉中のたんぱく質
分解していきます。

ここに、絶食の落とし穴があるんですよ。

 

絶食は代謝を落とす!

絶食すれば、確かに体重は、みるみる落ちます。
しかし、体内ではこんなことが起こっています。

  • 基礎代謝の低下
    → カロリーを消費しにくい身体
  • 筋肉量の低下
    → 消費カロリーの低下

つまり、絶食を止めた時には、身体はとても
燃焼しにくい状態になっているのです。

食べた分のカロリーを消費しにくくなるので
リバウンドしてしまうんですね。

 

リバウンドを阻止する方法とは?

それでも、絶食系ダイエットをして、リバウンド
しない人もいますよね。

その違いは、ダイエット後の食生活にあります。

1933844d2a87b209116a05b44bf81443_s-300x200

絶食後、身体はすぐに元の状態には戻りません。
飢餓状態は、しばらく続くんですよ。

そして、飢餓状態に陥った身体は、生命を
維持するために、体重を減らさないように
機能します。
 

停滞期、という言葉がありますが、まさにこれ。

 
この時期は、人によってそれぞれですが、
大体1週間~2週間ぐらいだと言われています。

ここがポイントで、絶食後1、2週間は、食事は
元の量に戻さないことなんです。

この時期は、いつも通りの食事の量だけでも
体重が増加してしまいます。

 
いつもの食事量の8分目ぐらいにセーブして
いきましょう。

 

まとめ

うかつでした。

絶食後、私は早い段階でいつも通りの食事に
戻していました。

何のためらいもなく。

身体は、絶食の状態から復帰していないから
摂取カロリーを消費できなかったんですね。

今度のチャンスには、絶食後のことも考えて
管理していかないといけないですね。

絶食が終わった後が、本当のダイエット
肝に銘じて頑張ります♪

スポンサーリンク

 - 食べること