体重・身長からBMI標準値を計算!理想体重とモデル体重って?

   

季節の変わり目になると気になること
それは、ダイエット!

職場でも、糖質減らしたり、
ウォーキングシューズ買ったり、
みんな、密かに動き始めてます

 
ある人が、近所のスポーツジム
体験コースに申し込んだとかで、

ダイエットに関する話をいろいろと
聞いてきたんだそうです。

 
彼女の場合、身長、体重から判断すると
やや太り気味なんだそうで、

健康のためにも5kg痩せたほうが
よさそうですね、と言われたらしい。

なあんだ、たった5kgか、と、
思ったらしいんですが、でも待てよ?
5kgのお米の袋が頭をよぎって、

「あんな重たいものを、
背負ってるようなもんなね!?」

ガーン!
そう思ったんだそうです。

体重なら、5kgくらい
目をつぶりたいところですが、
お米とか身近なもので考えると……。

そうとう、余計な贅肉がついてるって
改めて思い知らされます。

 
そこで、ジムの人から教わったのが、
BMIという数値の計算式。

むむ、聞いたことあるぞ?

ダイエットを成功させるためにも、
これはチェックしておかなければ!

BMI値体重管理について、いろいろ、
調べてみました!

スポンサーリンク

BMIとは?

BMIとは、Body Mass Indexの略。
肥満度をあらわす数値だそうです。

「日本肥満学会2000」によれば、BMI値によって、

  • 18.5未満だと、低体重(痩せている)
  • 18.5以上で25未満が、普通体重
  • 25以上で30未満が、肥満(1度)
  • 30以上で35未満が、肥満(2度)
  • 35以上で40未満が、肥満(3度)
  • 40以上が、肥満(4度)

このように分類されるんだそうです。

で、BMI=22が、一番健康な体重である
(病気になりにくい)と、
言われているんだそうです。
 

大きすぎても小さすぎても
体によくない、と言われています。

肥満はもちろんのこと、
痩せすぎもよくない
んですね。

 
もちろんこれは、指標のひとつ。
BMIがすべて、ってわけじゃなくて、、
あくまでも体重管理の目安

最近では、けっこういろいろなところで、
体脂肪とか骨密度とか基礎代謝とか、
測る機会、ありますよね。

家庭用の体重計でも、体のこと、
いろいろわかります。

そういう数値と組み合わせて
健康・管理を行う必要がありそうです。

スポンサーリンク

BMIの計算方法と理想体重・モデル体重について

とはいえ、日々体重を測ることが、
健康管理の基本、というのは明白。
大切なことですよね。

身長体重がわかれば計算できる
BMIは、自分の体型について知る
重要な数値です。

 
で、その計算方法は?
以下の計算式で出すことができます。

BMI = 体重(kg) ÷ (身長(m)× 身長(m))

例えば、155cmで50kgの人なら、

50÷(1.55×1.55)で、だいたい20.8
BMIは20.8です。
 

逆に、最も健康だといわれている
BMI=22をこの式に当てはめてみると?

22×(1.55×1.55)で、だいたい52.9

52.9kgが、もっとも健康的な体重
ということになるわけです。

 

52.9kgかぁ……。
けっこうあるような……。

”健康”という意味では、これくらい
ウェイトがあったほうがいいらしい。

でも、最近では、ジムで鍛えているような
若い女性たちの間では、もっと
低体重を目指す傾向が強いんだとか。

標準体重と同じように、
「理想体重」(美容体重と呼ぶこともあり)、
「モデル体重」というもものもあるらしい。

理想体重 ~ BMI:20くらい
モデル体重~ BMI:18くらい

ということは、身長155cmの人の場合は、
理想体重が48kgくらい。
モデル体重は43.3kgくらい。

おお……。

モデル体重ってなると、けっこう、
痩せている部類に入るんだそうで、

無理な食事制限でモデル体重に
近づこうとするのは、とっても危険!

体に負担がかかります。

スポーツジムなどで相談しながら
体重を落としていくのがベスト。

モデル体重を目指している皆さん!
無茶をしないよう気をつけて
がんばってください!

 

まとめ

BMIの計算式、なかなか興味深いです。

職場のみんなも、
運動や食事制限そっちのけで
計算に没頭しています。

それでいいのか?って感じもしますが……。

何にしても、日々の体重測定
健康管理の基本。
今年こそダイエットを成功させたい!

自分のBMIを計算して、太りすぎたり
痩せすぎたりしていないか、
把握するところから始めます!!

スポンサーリンク

 - 個人的な話