誰にでも、いつでも、簡単にできて、リバウンドもしない運動とは?

      2013/08/01

こんにちは、その子です。

全身を使って、簡単で、誰にでも出来て、お金もかからず、リバウンドもしない運動って何があると思いますか?

スポンサーリンク

早速答えてしまいますが、

答えはウォーキングです。

ウォーキングをすれば、血液循環がよくなり、有酸素運動なので、酸素を体のすみずみにまで運んでくれます。

基礎代謝量もアップし、脂肪も効果的に燃やしていってくれます。

赤ちゃんが小さくてもベビーカーや、抱っこ紐を使って一緒にできるのも嬉しいですね。

Stroller Walk
Copyright © 2005 Stroller Walk by sendung

ウォーキング

ウォーキングの効果

老化現象がちょっと怖くなってきたアラフォー世代には、気になる効果がまんさいです。

脂肪燃焼効果
有酸素運動なので、歩き始めて20分後から脂肪が、メラメラと燃えていきます。

心肺機能が高まります
有酸素運動なので、酸素を取り込む力が増えて、心臓や肺が強くなります。

骨が強くなる
骨はカルシウムの摂取以外に、刺激によっても強くなるんです。

筋力の低下を防ぐ
老化とともに筋肉も衰えていきます。
近い将来は、心配ですね・・・
これも、歩くことで足腰の筋肉の衰えを防ぎます。

ストレス解消
気持ちよく歩くことで、ストレス解消につながります。
自分だけの気持ちのいいコースやお気に入りの公園などがあれば、なお良いですね。

脳のアンチエイジング
足を使うこと、酸素を取り入れることで、脳が活性化して、思考力、集中力、記憶力が高まります。

生活習慣病の予防
血流が良くなることで、動脈硬化などの予防になります。

前向きな私になれる
ウォーキングをしていると、β-エンドルフィン、ドーパミン、セロトニンと様々なホルモンが分泌されます。

どれも脳に対して前向きなホルモンなので、プラス思考になります。

 

ウォーキングのコツ

なるべく早く歩く
息切れしない程度の早さで正しく歩きましょう。

腕を大きく振る
肩から自然に振りましょう。

大股で歩く
肩幅程度で歩きましょう。
広すぎると、膝や腰に負担がかかりますし、反対に狭すぎると、膝が曲がったりして効果がうまく得られません。

1日20分以上歩く
有酸素運動は20分以上続けることで、脂肪燃焼が始まります。

動きやすい格好で
もちろんヒールやミニスカートなど、歩きにくい服装では、効果が半減します(>_<)

 

バランスの良い歩き方

1.頭のてっぺんから上に引っ張られているイメージを持ちます。

2.肩の力は抜いて、お腹に力をいれましょう。

3.つま先を上げて、かかとから着地する。
足裏全体を使うことを意識します。

4.膝と膝を軽くすり合わせる。
足はまっすぐ前に出します。

5.歩く幅は肩幅で。

6.お腹から脚を出すイメージを持ちます。
分かりづらいですか?
脚の付け根から脚が動きますが、お腹から動くイメージを持ってください。

 

[illust_bubble subhead="楽しく続けるコツ" align="right" color="red" badge="check" illst="check-w3-l"]楽しく続ける為には、
自分だけの好きなコースを見つけてみる、
ウォーキング大会に参加してみる、
靴や服など見た目から入るのも、ヤル気をあげるコツですよ。[/illust_bubble]

スポンサーリンク

 - ストレッチをする, 姿勢を正す, 普段から気をつけること ,