【経絡リンパマッサージ】マッサージをしてみませんか?

      2013/08/04

こんにちは、その子です。

体の内側からもキレイになるために、全身のマッサージを連載していきます。

スポンサーリンク

 

経絡(けいらく)リンパマッサージって、知っていますか?

東洋医学の経絡と、西洋医学のリンパ。

この二つ、体の流れという点では似ているようですが、
リンパは実際に体を流れているので、その流れにそってリンパ液を流す、
という分かりやすいものですが、

経絡の方はツボと関わりがあったり、体の流れも「正経十二脈」、「奇経八脈」 など、
目にも見えなくて、体のつながりも複雑。 (ちょっとアタイには、難しい(-_-))

 

と、まぁこの両方のいいとこ取りをしたのが、経絡リンパマッサージです。(逃げた!)

 

痛いところがあったり、こっているときに、自然とさすっていたり、手を当てていたり、
そんな経験、あると思います。

マッサージすることは、病気ではないけれど、なんだか体がつらい時や
気分がすっきりしない時に、本来の元気や美しさを呼び戻すことにもなります。

 

経絡リンパマッサージで、経絡とリンパを同時に刺激して、
あなたの持っている本来の元気とキレイを取り戻しましょう。

と、その前に、少しお勉強をしましょう。

経絡って?

経絡とは、東洋医学で使われている言葉で、 体を流れるエネルギーのルートのようなものです。
このエネルギーというのは、「気・血・津液」の3つのことを指しています。

先ほども言いましたが、ツボは経絡の上にあり、
経絡の流れも「正経十二脈」、「奇経八脈」と五臓六腑につながる流れがたくさんあります。

 

[colored_box color="light-red" corner="r"]
「気」とは、元気、やる気などの「気」です。

エネルギーの源ですね。
気が足りなくなると、元気もやる気もなくなり、疲れやすかったり、 何もする気が起こらなくなってしまいます。

「血」は、そのままですね。
血が滞ると、肩こりや便秘など、さまざまな病気を引き起こしてしまいます。

「津液」は、リンパ液を含めた体液のことになります。
これは、肌をかゆみや炎症から守って、肌の健康を保っています。 [/colored_box]

リンパって?

リンパは、体で使われた、いらない水分や老廃物を静脈へ運ぶ役割と、
細菌やウイルスと闘う免疫力を持っています。

リンパ液は筋肉が動くことで流れるので、運動不足だと流れが悪くなってしまいます(-ω-;)

体をリンパの流れにそって、マッサージすることで、
むくみやコリを解消したり、 肌あれや、便秘解消、免疫力を高めたりする、
などのメリットがあります。

 

経絡(けいらく)リンパマッサージの流れ

不調に合わせたマッサージもあるのですが、まずは、基本の流れからいきましょう。

背中→ヒップ→お腹うで→デコルテ・バスト肩・首→頭→顔

の順に進んでいきます。

 

 

肌のすべりを良くしたり、カサつきを予防するためにも、
オイルやマッサージクリームを塗った方がいいですね。

いい匂いがするものや、
引き締め効果のあるもの、
コリを解消してくれるもの、

など好きなものや目的に合わせて使うと、リラックス効果や満足度もグッと高まります。

 

私は、ゆっくりオイルでマッサージするときもありますが、
赤ちゃんの世話もあるので、 お風呂場で石けんで体をマッサージしながら、
洗ったりしています(。-∀-) 一石二鳥 ( •̀ .̫ •́ )✧

スポンサーリンク

 - マッサージをする , ,